top of page
titleBack_topics_top.png

​トピックス

夏休み2023 子どもイベントの開催

8月に4年前と同規模で開催された小学生の児童とその保護者を対象とした夏休みイベントの様子をご紹介します。感染症対策を徹底しながらも、広い空間でマスクを外した子ども達には笑顔が輝いていました。



産業のまち発見隊1回目・8月4日(金曜日)は、京浜島にある鍛造工場、「(株)畠山鐵鋼所」で、迫力と熱気に満ちた工場見学を行い、鉄と鋼についても深く学びました。

午後には、都立城南職業能力開発センター大田校で、ものづくり体験として本格的な機械を使いながら世界で一つ、自分だけのテープカッターを作りました。


産業のまち発見隊2回目・8月24日(木曜日)は、下町ロケットのロケ地としても有名な「(株)桂川精螺製作所」で、ねじについて学んだ後、工場見学とねじ作りに挑戦しました。スペシャル企画として、同社と連携して月面探査車『YAOKI』を開発する「(株)ダイモン」の社長へ、YAOKIに使用されるかもしれないねじを子ども達から手渡しました。

午後は、日本工学院専門学校へ移動し、バーサライタ作りを行いました。学生の皆さんに丁寧に教えてもらいながら、はんだ付やプログラミングといったハードとソフト両方に取り組みました。




8月26日(土曜日)・27日(日曜日)各100組の親子が二足歩行ロボット作りを楽しみました。会場は大田区産業プラザPiO1階の大展示ホールを使用し、久しぶりの大人数に圧倒されました。小学1年から4年までの児童全員が保護者と一緒に粘り強く最後まで作り上げました。






Comments


bottom of page